スポンサーリンク

【競艇】オールレディース優勝戦で岡山勢が1着から4着まで独占

競艇

岡山県にある児島競艇場で開催中の「オールレディース 第31回瀬戸の女王決定戦」は、本日シリーズの最終日を迎えました。
最終の12Rでは優勝戦が行われ、1号艇で出走した岡山支部の田口節子選手がインから逃げて1着。
2着、3着、4着にも岡山支部の選手が入り、同支部所属の選手が上位を独占しました。

安定板使用で争われた同レースは昨日の準優勝戦を勝ち上がった6艇が出走して争われました。
メンバーは6名中4名が岡山支部所属の選手。
地元勢が大勢を占める中、1号艇で出走した岡山支部の田口節子選手が1コースから逃げて1着になりました。
2着には同じ岡山支部の2号艇土屋南選手、3着と4着にも共に岡山支部の5号艇若狭奈美子選手と6号艇樋口由加里選手がそれぞれ入りました。
今シリーズの優勝戦は、地元岡山支部の選手が1着から4着までを独占しました。

なお、岡山支部以外では大阪支部の4号艇落合直子選手の5着が最高でした。

スポンサーリンク
競の出来事