スポンサーリンク

【競艇】森定晃史選手が得点率8.00で予選落ち

競艇

東京にある江戸川競艇場で開催中の「第19回日刊ゲンダイ杯」で、森定晃史選手が得点率を8.00としながらも予選を通過することができませんでした。

4日間の短期決戦で争われた今シリーズは初日から3日目までの3日間が予選、準優勝戦は行わず得点率上位6名が最終日の優勝戦に勝ち上がるシステムで開催。

森定晃史選手は、シリーズ初日は8R予選と12R江戸川選抜の2回走りの予定でしたが、前半レースの8Rに出走し1着になった後、降雪による視界不良のため9R以降のレースが中止打ち切りとなり、この日は1走のみでレースを終えました。
昨日のシリーズ2日目は7R予選の1回走り。
これは予定通り出走し3着となりました。
そして予選最終日となった本日のシリーズ3日目。
7R予選と12R記者選抜の2回走りの予定でしたが、非常に強い北風の影響による水面状況悪化のため7R以降のレースが中止打ち切りとなり、この日は1走も出走できず。
結局、3日間で2走しかできず予選が終了しました。

森定晃史選手の予選の得点率は8.00。
かなりの好成績でしたが、惜しくも全体の7位となり、明日のシリーズ最終日の優勝戦に勝ち上がることができず、予選落ちとなってしまいました。

スポンサーリンク
競の出来事