スポンサーリンク

【競艇】同じレースで「+.10」と「+.15」の非常識なフライングが出る

競艇

本日の常滑競艇8Rで、1号艇で出走した天野晶夫選手が+.10、3号艇で出走した大塚康雅選手が+.15の非常識なフライングを切りました。

愛知県にある常滑競艇場で開催中でこの日シリーズの4日目を迎えた「ボートピア名古屋開設16周年記念競走」。
中盤の8R一般は出走表通りの6艇が出走してい争われました。

レースはコース取りに目立った動きはなく枠なり3対3の隊形で進入。
平凡な進入隊形でしたが、内枠の3艇がかなり早いタイミングでスタートしました。
判定の結果は3艇ともがフライングのため返還欠場となりました。
タイミングは2号艇マイケル田代選手は+.02と普通のフライングだったものの、1号艇天野晶夫選手と3号艇大塚康雅選手はともに非常識なフライング。
それぞれ+.10と+.15を記録してしまいました。

スポンサーリンク
競の出来事