スポンサーリンク

【競艇】唐津競艇 3日連続でドリーム戦メンバーが賞典除外

競艇

佐賀県にある唐津競艇場で開催中の「第64回佐賀県選手権」で、シリーズ初日から3日連続で、初日のドリーム戦に出場していた選手が賞典レース除外となりました。

今シリーズは、1月2日に開幕。
シリーズ初日の12Rは、ドリーム戦となりました。
しかし、同レースに1号艇で出走した峰竜太選手がスタートで+.01のスリットオーバー。
フライングのため、賞典レース除外となりました。
昨日のシリーズ2日目は、初日のドリーム戦に6号艇で出走していた末永和也選手が10R予選特賞に1号艇で出走し+.02のフライング。
2日連続で、初日のドリーム戦メンバーが賞典レース除外となりました。
そして、本日のシリーズ3日目。
初日のドリーム戦に2号艇で出走していた宮地元輝選手が5R予選に4号艇で出走したものの、妨害のため失格。
賞典レース除外となりました。

これにより、シリーズ初日のドリーム戦メンバーが、初日から3日連続で賞典レース除外となりました。

なお、ドリーム戦メンバーで賞典レースの対象となっているのは、94期の古賀繁輝選手、102期の上野真之介選手、125期の定松勇樹選手の3選手となっています。

スポンサーリンク
競の出来事