スポンサーリンク

【競艇】日高逸子選手が入院

競艇

56期の日高逸子選手が入院したことがわかりました。
この日、自身のブログで明らかにしました。

日高逸子選手は本日2021年9月27日の夕方にブログを更新。
「入院1日目」のタイトルで投稿されたそのエントリーの冒頭で「やっと入院しました〜」と入院したことを報告しました。
入院に至る異変を感じた時期は「今回の異変は 戸田レース終わった翌日の8月4日」と約2ヶ月前と説明。「その後 福岡レースに行って 終わってから 近くのクリニックで検査」と8月19日まで福岡競艇場で開催された一般戦に出場した後に検査を受けたことを明かしました。しかし、要再検査となったため大きい病院で検査を受け、「手術日も15日と決まったのですが やはり 若松レースを走りたくて 今日まで 延ばして戴きました」と入院までの経緯を綴りました。
現在の状態については「開腹して 組織検査しないと ハッキリしない感じなので まだ 詳しい事は 分かりませんが こうなって 実に たくさんの人が同じような手術をしているんだなぁと 分かりました。」と、現時点で詳細はわからないとしています。
エントリーの後半では手術の日程についても言及。
「明日の手術は なんと 朝一の8時40分から」と明日9月28日の8時40分から手術するとしています。

日高逸子選手は福岡支部所属の56期。
1961年10月7日生まれで59歳。
競艇の女子選手としては現在、最年長となっています。

スポンサーリンク
競の出来事