スポンサーリンク

【競艇】日高逸子選手が60歳になってから初めて勝利

競艇

本日の徳山競艇1Rで、2号艇で出走した日高逸子選手が2コースから差して1着になりました。
勝った日高逸子選手は、これが60歳になってから初めての勝利となりました。

山口県にある徳山競艇場で昨日16日に開幕しこの日シリーズの2日目を迎えた「BTS呉開設29周年記念山口新聞社杯争奪戦」。
オープニングレースとなった1Rモーニング予選に日高逸子選手が2号艇で登場しました。
レースではスロー2コースから進入し.07のトップタイミングでスタート。
1周1マークで差してバックで1号艇佐々木裕美選手と2艇並走の先頭争いの内側となりました。
続く1周2マークで抜け出した2号艇日高逸子選手はホームで単独先頭に浮上。
そのまま1着でゴールしました。

勝った日高逸子選手は1961年10月7日生まれで、先月、還暦を迎えたばかり。
この勝利が60歳になってから初めての1着となりました。

スポンサーリンク
競の出来事