スポンサーリンク

【競艇】香川素子選手と清水未唯選手が初めて同じレースに出走

競艇

本日の徳山競艇8Rに、香川素子選手が1号艇、清水未唯選手が6号艇で出走しました。
師弟関係にある2人が同じレースに出走するのはこれが初めて。

山口県にある徳山競艇場で開催中でこの日シリーズの6日目を迎えた「日本トーター杯争奪戦」。
中盤の8R一般で、滋賀の師弟コンビの直接対決が実現しました。
レースには師匠の香川素子選手が1号艇、弟子の清水未唯選手が6号艇で登場。
それぞれ1コースと6コースから進入しました。
先手を取ったのは師匠の1号艇香川素子選手。
インからしっかりと逃げて1着となりました。
一方、6号艇清水未唯選手はスタートこそ.13と張り込んだものの1周バックストレッチで最後方となると、そのまま最下位の6着で敗れました。

香川素子選手と清水未唯選手による初めての師弟対決は、師匠の香川素子選手に軍配が上がりました。

スポンサーリンク
競の出来事