スポンサーリンク

【競艇】1周バックで先頭、2番手、3番手だった上位3艇が失格

競艇

本日の江戸川競艇4Rで1周バックストレッチで先頭、2番手、3番手を航走していた上位3艇が直後にそろって失格になりました。

東京にある江戸川競艇場で開催中でこの日シリーズの最終日となった「G1江戸川大賞 開設63周年記念」の4R一般は出走表通りの6艇が出走して争われました。
レースは枠なり3対3の隊形で進入。
大外6コースからの戦いとなった6号艇平尾崇典選手が.09のトップタイミングでスタートし、1周1マークで握って攻め抜け出しました。
2番手には1号艇大池佑来選手、3番手には3号艇荒井翔伍選手が優勢に立ちました。
しかし1周バックストレッチで先頭を航走していた6号艇平尾崇典選手が内から伸びた1号艇大池佑来選手を絞りに行き、1号艇大池佑来選手が転覆。
さらに3番手を航走して3号艇荒井翔伍選手がここに乗り上げエンストのためそれぞれ失格になりました。
また6号艇平尾崇典選手も妨害のため失格。
1周バックストレッチで先頭、2番手、3番手を航走していた上位3艇がそろって失格になりました。

スポンサーリンク
競の出来事