スポンサーリンク

【競艇】高橋悠花選手が12月末での引退を報告

競艇

115期の高橋悠花選手がこの日、自身のTwitterを更新し、12月末での引退が決まったことを報告しました。

高橋悠花選手は本日2021年11月2日の昼過ぎにTwitterを更新。
「いつも応援してくださる皆様に報告があります。 読んでいただけると幸いです。」のメッセージと共に1枚の画像を投稿しました。
画像は文章のスクリーンショット。
その中の冒頭で「この度4期トータルで勝率3.8クリアできず12月末での引退が決まりました。」と4期通算での勝率が3.80をクリアすることができず、2021年12月末で引退をることが決定したことをファンに報告しました。
続けて現在の心境やこれまでの思い、感謝の気持ちなどを綴りました。
今後のレースについては「残り2ヶ月ではありますが、頂いた斡旋は責任をもって1走1走最後まで集中して一生懸命走ります。」と、12月末まで出場するとしています。
最後は「最後まで読んでいただきありがとうございました!」と感謝の言葉を述べました。

高橋悠花選手は、先月10月末までに4期通算での勝率の条件をクリアすることができていませんでした。
なお、現時点で入っている斡旋は3つ。
2021年11月7日から11日まで尼崎競艇場で開催される「名物尼崎あんかけチャンポン杯」、11月16日から21日まで徳山競艇場で開催される「BTS呉開設29周年記念山口新聞社杯争奪戦」、12月8日から13日まで丸亀競艇場で開催される「G3オールレディースmimika賞」となっています。

スポンサーリンク
競の出来事