スポンサーリンク

【競艇】島田一生選手 正常スタートなのにレースを離脱してしまう

競艇

本日の津競艇11Rで、6号艇で出走した島田一生選手が正常スタートであるにも関わらず、レースを離脱してしまうアクシデントがありました。

三重県にある津競艇場で開催中でこの日シリーズの3日目を迎えた「第13回鳥羽一郎杯争奪戦」。
後半の11R予選特選に島田一生選手は6号艇で登場しました。

レースはスタートで4艇がフライングを切る大波乱。
そんな中、大外ダッシュ6コースからの戦いとなった6号艇島田一生選手は.01の正常スタートを決めました。
しかし、フライングした4艇が1周2マークでピットに戻る中、6号艇島田一生選手もレースを離脱。
フライング艇と一緒にピット方向に行ってしまいました。

この結果、6号艇島田一生選手は失格。
即刻帰郷となりました。

スポンサーリンク
競の出来事